Edge E220s に搭載されたタッチパネル向けのツール「Simple Tap」とは?

ThinkPad Edge E220sには、なぜかタッチパネルを搭載したマシン向けのソフトウェア「Simple Tap」が搭載されています。

タッチ機能を持つ液晶じゃないとあんまり便利ではないのでは・・と思われるツールなのですが、使ってみると結構面白いです。(便利かそうでないかは別にして)

そういうわけで、今回の記事ではSimple Tapがどのようなソフトなのかという事について触れてみました。


続きを見る »

ThinkPad Edge E220s レビュー モバイル向けの12.5インチノート

12.5インチの液晶を持つThinkPad Edgeシリーズの製品、ThinkPad Edge E220sのレビューです。

このE220sはEdgeでは2番目に小さいサイズのモデル。(最小サイズのEdgeは11.6インチ(第1世代のCore i搭載)のEdge 11”)

第2世代のインテルプロセッサを搭載するモバイル向けの製品で、E520やE420とはデザインやラインアップされているカラーがやや異なり、価格もほんの少しだけ高めです。

今回はそのEdge E220sの外観を詳しく解説します。

製品をみる→ ThinkPad Edgeシリーズの詳細


続きを見る »

ThinkPad Edge E520 のまとめ

これまでの記事で ThinkPad Edge E520 について一通りの事はかいたと思うので、とりあえず一旦ここでまとめてみたいと思います。

製品の外観や性能等といった細かい部分ではなく、E520ならではの特徴や注意点などに触れています。

E520のデザインや性能等の詳細を知りたいという方は、E520のカテゴリーより該当するページをご覧になってみてください。写真等も沢山載せていますので、参考になると思います。

というわけで Edge E520のまとめです。

製品をみる→ ThinkPad Edgeシリーズの詳細


続きを見る »

ThinkPad Edge E520 のOSを32bitから64bitへ載せ替えた後 メモリを増設

非常に安価に購入した ThinkPad Edge E520ですが、やはりもう少しパフォーマンスを上げたいと思い立ち、最も簡単に出来るメモリの増設を行う事にしました。

ちょうど、安くなっていた頃に購入したメモリもありましたし、メモリを追加する事で多少は性能が向上するはずです。

というわけで早速増設しようと思ったのですが、そういえばこの激安 ThinkPad Edge E520は32bit OSだったような気が・・

製品をみる→ ThinkPad Edgeシリーズの詳細


続きを見る »

ThinkPad Edge E520 の性能をチェック 激安だけど使えるマシン

今回掲載している ThinkPad Edge E520は、Celeron B810を搭載するE520でも下位に当たるモデル。

昨年に、3万円台半ばと非常に安価に販売されているのをみて購入したもので、プロセッサにはCeleron B810を搭載します。

Celeronというと、過去のイメージよりパフォーマンスが今ひとつパッとしない感じがするのですが、現在のCeleronはSandy Bridgeシリーズのプロセッサで、それ程性能は低くはありません。

ネットブック並に安価なE520ですが 光学ドライブは搭載していますし、OSにはビジネス向けに適したWindows 7 Professionalを搭載しており、かなりお得感の強いモデルです。

そんなわけで、今回はCeleron B810を搭載した3万円台半ばのE520の構成と性能について見ていきたいと思います。

製品をみる→ ThinkPad Edgeシリーズの詳細


続きを見る »

pagetop
サイト内検索

Copyright © 2012 - Edge ROOM. All Rights Reserved.