ThinkPad Edge E430c と E530c cなしのモデルと何が違うのか

もうかなり前から、EdgeシリーズではThinkPad Edge E430cやE530cというモデルが販売されています。

これらのモデルはどうも、14型のE430や15.6型のE530の後継機のようで、現在のEdgeシリーズの主流のモデルとなっています。

といっても、中身はE430やE530からそれ程大きくは変わっておらず、なぜ、語尾に「c」の付いたモデルを販売するようになったのか、そもそもモデル名を変える必要があったのかよくわからないような内容のモデルです。


続きを見る »

AMDのAPUを載せた ThinkPad Edge E135 が登場 3万円台の価格は魅力

9月25日、レノボより AMDのプロセッサを搭載した ThinkPad Edge E135が販売開始されました。

Edge シリーズでは型番の末尾に「5」が付くものはAMDを搭載しており、今回のモデルはE130にAMDのAPUを載せたバージョンというわけです。

もともと全体的に価格低めのEdge シリーズではありますが、今回のE135はこれまでにない価格の低さ(下位モデルだとなんと3万円台前半)を実現。

価格の低さゆえに、特にノートPCが必要でなくてもサブノートPCとして購入を検討される方はおられるのではないでしょうか。

続きを見る »

ThinkPad Edge E520のCPUを換装(Celeron B810 を Core i5-2520へ) 安くパワーアップ

以前記事にしたThinkPad Edge E520のCPUを換装し、大幅にパワーアップしたため、そのベンチマーク結果などを載せたいと思います。(以前のEdge E520の記事

今回掲載ののEdge E520は、元々はCeleron B810を載せた下位モデルです。

3万円台半ばと当時ではかなり安く売られていたため()、購入してメモリなどを増設したのですが、ライトな用途には十分な性能を持ってはいるものの、負荷の高い作業には当然ですが向きません。
※いまだとそのくらいの値段が普通になっています→ Edge E520の最安値

性能が気に入らないのなら新しいIvyBridgeを搭載したE530を購入するという手もありますが、あまり活躍させる事なくPCとしての役目を終えてしまうのはなんとなく無駄で嫌な感じが・・


続きを見る »

Edge E430の指紋認証機能を利用したクイック起動(AuthenTecのTrueSuite)が便利

ThinkPad Edge E430 の指紋認証機能にはAuthenTecの指紋認証デバイスが使われています。

そして、Edge E430には指紋認証機能を利用したAuthenTecのアプリケーション「TrueSuite」が標準でインストールされているのですが、このソフトウェアは使い方によっては結構便利です。

というわけで簡単にご紹介します。


続きを見る »

Edge E430 をOneKey Recovery Proで 工場出荷時の状態に戻す方法

レノボのPC製品には、標準でマシンのリカバリーやバックアップを行なうツールが搭載されており、そのツールを利用すると簡単にデータのバックアップや復元を行う事ができます。

今回は、ThinkPad Edge E430に搭載されているリカバリー&バックアップツール「OneKey Recovery Pro」を利用し、E430を工場出荷時の初期状態にリカバリーしてみました。

以下、その手順について詳しく解説してみました。

ThinkPad Edge E430 公式ページはこちら


続きを見る »

pagetop
サイト内検索

Copyright © 2012 - Edge ROOM. All Rights Reserved.