Edge Roomについて

なぜThinkPadの他のシリーズではなく、Edgeシリーズなのかという事について・・

このEdgeシリーズは、2010年の1月に登場した比較的新しいThinkPadブランドで、「ThinkPadでありながら安い」という最大の特徴を持ちます。

正直、ThinkPadは昔ほどではないにせよ、全体的に価格が高いです(クーポンを使う前の価格が)。


その中で市場で1、2位を争うのではないかと思う程の低価格を打ち出したEdge シリーズは、従来のThinkPadシリーズとはやや外観や操作性が異なるものの、市場に出回っている同じ価格帯のPCよりも明らかに使いやすいです。

私は様々なメーカーのPCに触れる機会があるのですが、特にキーボードは同じアイソレーションタイプのキーボードでも、他メーカーのものと比べるとうち心地がかなり違います。(私的にこれは非常に重要な要素で、キーボードが使い難いパソコンは文章を打つ機会の多いユーザーにとっては最悪だといえる)


ここからが本題ですが、自分は正直、ThinkPad Edgeシリーズが出た当初のEdgeは好きではありません。
これまでのThinkPadとは見た目もキーボードも異なりましたし、構成の幅も狭く、安さを打ち出したモデルでありながら、当初はクーポンが使えなかったためにそれ程安くは感じられず・・

13.3インチのモデルしかなかったという理由も大きいです。

そういう理由で、あまり人にお勧めしてこなかったのですが、ここ最近は非常に柔軟な構成が可能となり、またデザインも一新してとてもよくなり、サイズも充実。何より価格が非常に安くなった事で、コンシューマー層から多大な支持を受けるようになりました。

勿論、他の高価なThinkPadシリーズと比較すると、やはり操作性などの面で劣る部分はあります。しかし最近では、定番のThinkPadでもこれまでとは違うタイプのモデルが出てきており、中にはEdgeの方が使いやすいのでは?と思われるものもあるなど、高価だから良いという事ではないと強く感じています。

そういうわけで、当初は結構あれこれネガティブな事を言われがちだったこのシリーズも今はそんな事はあまりなく、安いPCが欲しいという方がいたらこのシリーズは結構お勧め・・という主旨で、ここではEdgeシリーズの魅力や詳細、各モデルの使い勝手などに付いて詳しく解説しています。

良い部分ばかりではなく悪いと思う部分にも触れていますので、
購入される際には参考にしていただけれると幸いです。

ただ、記事には個人的主観も含まれていますので、あくまでも参考と言うことでお願い致します。



2014年1月追記:ThinkPad Edgeシリーズは、ThinkPadシリーズへの統合により「Edge」ではなく「Eシリーズ」となってしまいましたが、当サイトのサイト名は「ThinkPad Edge Room」のまま今後も運営していきたいと思います。



掲載広告に関しまして

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を掲載しています。広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信しております。

DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づき、適切な広告を当サイト上でサイト利用者に表示できます。

サイト利用者は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。



Comments are closed.

pagetop
サイト内検索

Copyright © 2012 - Edge ROOM. All Rights Reserved.