ThinkPad Edge E520 のまとめ

これまでの記事で ThinkPad Edge E520 について一通りの事はかいたと思うので、とりあえず一旦ここでまとめてみたいと思います。

製品の外観や性能等といった細かい部分ではなく、E520ならではの特徴や注意点などに触れています。

E520のデザインや性能等の詳細を知りたいという方は、E520のカテゴリーより該当するページをご覧になってみてください。写真等も沢山載せていますので、参考になると思います。

というわけで Edge E520のまとめです。

製品をみる→ ThinkPad Edgeシリーズの詳細






・・とはいっても、このThinkPad Edge E520は前にあげた E420とあまり変わりませんので、書くとなるとE420のまとめの繰り返しのようになります。

E520とE420の違いは液晶や筐体のサイズ、テンキーの有無、価格などで、側面のインタフェース等や提供されている構成は全く同じ。

E420は14.0インチ、E520は15.6インチとどちらもそこそこ大きめで使い易いサイズだと思うのですが、普段からテンキーをよく使用するという方には、E520が適しているといえるでしょう。




E520(E420)のキーボードは、キートップの形状が指先に沿うような形で設計されており、どちらかというとスクエア型のキーボードを押す感触に似た操作感を持っています。

レノボ側でも、Edgeのキーボードを開発するに当たり、従来からのThinkPad キーボードの操作性にできるだけ近づけるようにしたとの事で、確かに使い易いです。

私は余りアイソレートキーボードの操作感が好きではないのですが、上記のような理由(アイソレートキーボードらしくない操作性)より、Edgeのキーボードは使いやすいと思います。

安モデルですが、その辺に妥協されていない所はこのモデルの長所です。





なお、このモデルの液晶はサイズが15.6インチと大きめですが、解像度は1366×768ドットとE420の14.0インチサイズの液晶と変わりません。

なので、液晶サイズがどちらでも良いという場合は、ThinkPad Edge E420の方が良いと思います。理由は、価格が安いからという単純なものです。

多分、同構成だと5千円以上の価格の開きがあったのではないかと思いますし(直販の場合)、実際、ThinkPad Edge E420の方が売れています。人気の理由はやはり価格だと思われます。



と言うわけでまとめると・・

E420よりもやや価格高めなThinkPad Edge E520を選ぶ理由は、Edgeで15.6インチの液晶を持つノートPCが欲しい場合や、テンキーを搭載するEdgeが欲しい場合などだと思います。

私自身はテンキーを余りつかわないですし、それ以前にテンキーを搭載したノートの操作がやや苦手(テンキーが右側にあると操作時、体が画面に対して左寄りになる)なので、どちらが好みかといえばE420になります。

上記の理由に当てはまる方は、E520を検討されてみても良いのではないでしょうか。




Comments are closed.

pagetop
サイト内検索

Copyright © 2012 - Edge ROOM. All Rights Reserved.