Edge E430 をOneKey Recovery Proで 工場出荷時の状態に戻す方法

レノボのPC製品には、標準でマシンのリカバリーやバックアップを行なうツールが搭載されており、そのツールを利用すると簡単にデータのバックアップや復元を行う事ができます。

今回は、ThinkPad Edge E430に搭載されているリカバリー&バックアップツール「OneKey Recovery Pro」を利用し、E430を工場出荷時の初期状態にリカバリーしてみました。

以下、その手順について詳しく解説してみました。

ThinkPad Edge E430 公式ページはこちら






E430の電源をオン後、Windowsの読み込みが始まるまでに素早く「F11」ボタンを押します。
電源オン後、F11を連打すると良いと思います。




F11を押すと、ロゴの下部にリカバリーユーティリティ起動のアナウンスが表示されますので、そのまま待ちます。




OneKey Recovery Proのワークスペースが起動中です。




OneKey Recovery Pro起動後、使用条件云々のダイアログが表示されるので、「続行する」をクリック。




その後、複数あるメニューの中から「完全復元」をクリック。
※今回は初期状態に復元するので「完全復元」を選びましたが、目的に応じたメニューを選択してください。




ファイルのレスキューについてのアナウンスが表示されます。
ファイルのバックアップを行なっていない場合は、ここで行う事も可能です。

必要がない場合は「続行する」をクリック。




これまでにOneKey Recovery Proを利用してバックアップをとっていた場合、ここにそのバックアップが表示されますので、ロードしたいバックアップデータを選択します。

今回は出荷時の状態に復元するという事で関係ありません。
右下に表示された「復元」ボタンをクリック。




再度、ファイルのレスキューについてのダイアログが表示されます。

ファイルのレスキューを行なうのであれば「ファイルのレスキュー」をクリック、行なわなくても良いのであれば「続行する」をクリックします。




回復環境に入る旨のダイアログが表示されます。
復元を行なって良いのであれば「OK」をクリック。




すると再起動がかかり、復元作業が開始されます。




マシンにパスワードをかけているのであれば、そのパスワードを入力後にOKをクリック。
パスワードをかけていないのであれば、何も入力せず先に進みます。




複数のシステム回復オプションが表示されます。




一番下の「Lenovo Factory Recovery」を選択。




言語を日本語に設定し、「次へ」をクリック。




使用条件に同意しますを選択し、「次へ」をクリック。




続行するかどうかを尋ねられるので、復元作業に入ってよければ「はい」をクリック。




復元が開始されました。
暫く待ちます。




復元が完了後、再起動します。




表示されるウィザードに従い、Windowsのセットアップをおこなっていきます。




復元が完了しました。
工場出荷時の状態に戻っています。



このようなリカバリー機能は、PCの動作がおかしくなったり、回復可能な状況に陥った場合などにとても便利です。

ただ、HDDの故障などでPCが完全に起動しなくなってしまった場合に備えて、リカバリーディスクの作成や、外部へのデータのバックアップも行っておいたほうが良いと思います。





Comments are closed.

pagetop
サイト内検索

Copyright © 2012 - Edge ROOM. All Rights Reserved.