Edge E220s に搭載されたタッチパネル向けのツール「Simple Tap」とは?

ThinkPad Edge E220sには、なぜかタッチパネルを搭載したマシン向けのソフトウェア「Simple Tap」が搭載されています。

タッチ機能を持つ液晶じゃないとあんまり便利ではないのでは・・と思われるツールなのですが、使ってみると結構面白いです。(便利かそうでないかは別にして)

そういうわけで、今回の記事ではSimple Tapがどのようなソフトなのかという事について触れてみました。






Simple Tapは初期状態ではインストールされていません。

マシンで利用できるようにするには、ThinkVantage Toolsよりインストールする必要があります。
というわけでインストール。




インストールを終えた後にソフトウェアを起動すると、液晶画面の隅に「Simple Tap」と書かれた小さな赤い半円形のボタンのようなものが現れます。

このボタンをクリックすると、Simple Tapが起動します。




初回起動時には、このような機能解説が書かれたダイアログが表示されます。(左下のチェックを外す事で、2回目以降に起動した際のダイアログの表示をなくす事ができます)

説明に書かれている通り、このソフトウェアは音量や輝度の調整、無線LANのオンオフといった各種の機能を、液晶のタッチ機能を使用して行なえるというもの。

キーボード等からでも出来ますが、液晶上に表示されたボタンをポンポンと押して各種の調整を行うほうが、はるかに操作が早いです。

また、X220 TabletのようなタブレットPCにおいては、タブレットスタイル時(キーボードを折りたたんだ状態)はキーボードから音量等の各種の調整を行なう事が出来ません。そういった場合に本領を発揮する機能です。

・・そのような感じの機能なので、タッチパネルを搭載しない Edge E220sで利用してもあんまり役にたたないかもしれません。




Simple Tapを起動すると、このような画面が現れます。
画面に表示されたパネルは、各種の機能を調整するためのものです。

例えば・・




これ(矢印先)は輝度を調整するためのパネル。
このパネルをクリックすると・・




写真のような横長のスライドが表示されます。
スライド状のつまみを左右に動かす事で画面の輝度を調整することが出来るようになっています。




また、キーボードライトのパネルをクリックすると・・




写真のように、液晶上部に設置されたキーボードライトが点灯します。
もう一度クリックすると消えます。




各種パネルは、自由に配置する事が可能です。
この辺、ちょっと遊び心があって、パネルを弾いて遊んだりする事もできます。





という感じのSimple Tapでした。

タッチ機能を持たない液晶での利用はあまり使い勝手が良くありませんが、タッチパネル搭載の液晶では使い勝手がとても良い機能です。

多分E220s以外のモデルでも搭載されているThinkPadがあるはずですし、比較的新しいモデルならば、レノボのサポートページからダウンロードして使う事ができるのではないかと思います。

タッチ機能を搭載したThinkPadに触れる機会があったら、是非触ってみてください。





Comments are closed.

pagetop
サイト内検索

Copyright © 2012 - Edge ROOM. All Rights Reserved.