ThinkPad Edge E220s をCore i7にカスタマイズ ベンチマークレビュー

ThinkPad Edge E220sの性能は?という事で、実際にどの位のパフォーマンスが出るのかを調べてみました。

今回掲載のEdge E220sは、CPUにCore i7を搭載するなど、カスタマイズを加えて比較的上位の構成にしています。

現在直販で提供されている構成とはやや異なりますが、この構成だと大体この位の性能が出る・・といった具合に、製品をみる参考になると思います。


製品をみる→ ThinkPad Edgeシリーズの詳細





ThinkPad Edge E220sの構成は・・・

・Windows 7 Professional SP1
・Core i7-2617M(1.5GHz、TB時2.60GHz)
・HM65 Expressチップセット
・4GBメモリ
・320GB HDD(7200rpm)
・12.5インチワイドHD(1,366×768)インフィニティガラス、光沢有
・HDグラフィックス3000
・DVDスーパーマルチドライブ
・Centrino Advanced-N + WiMAX 6250、Bluetooth 3.0
・8セルバッテリー
・モスブラック
・313×213.5×20.9~21.9(mm)
・約1.58kg

カスタマイズを行なっているパーツは、CPUとOS、メモリ、無線機能(Bluetooth含め)。

現在E220sで用意されている最小の構成では、CPUはCore i3-2367M、メモリは2GB、OSは Home Premium、無線機能はIEEE 802.11b/g/nでBluetoothはなし・・という内容になります。

最小構成では¥68,460(税込)ですが、今回の構成だと¥148,050(税込)。
クーポンを使えばもう少し安価になりますが、Edgeシリーズの中ではそこそこ高価なモデルだという事が分かります。

CPUは低電圧版であるものの、携帯性もデザインもそれなりに良く性能も高めな構成なので、使い勝手は良いです。

同じ12.5インチのThinkPad X220で似た構成にした場合(※)の価格と比べるとやはり安価ですので、X220の低価格版・・とでもいえるのかもしれません。

※X220のCPUは標準電圧なので、あくまでも似た構成で・・という事です。



●エクスペリエンスインデックス

上でも述べたようにCPUは低電圧版なので、Core i7といっても、想像するほど数値は高くありません。

が、これだけのスコアであれば、普通に快適です。



●ディスク性能


CrystalDiskMark

CrystalDiskMarkのスコアは普通。最近のHDDとしては、良くもなく悪くもないスコアです。

一応SSDなども用意されているので、早い方が良いという方はSSDの選択肢もありますが、やはりHDDよりは高くつきます。



●3D性能


MHF 絆(低解像度)

モンスターハンターは1310。
1280×720の低解像度モードでです。





FF14 LOW(低解像度)


FF14 HIGH(高解像度)

FF14のベンチは低解像度モードが435、高解像度で234。

いずれにしても、ゲームが行なえるようなパフォーマンスではありません。

ただ、低性能だというわけではないので、かなり軽めのゲームであればできると思います。



今回、カスタマイズを行なってるのでこのような結果となりましたが、最小構成ではCore i3なのでもう少し性能は低くなります。

薄型の筐体を利用している関係上、低電圧版のCPUを使用しているため、普通のノートPCに搭載されているCore i3よりも性能は低めです。

ただ、インターネットやメール、オフィス等の文書を扱った作業を行なうくらいの性能はありますので、負荷が高めなソフトウェアを利用するとか、多数のアプリを常に起動させておくといった使い方をするのでなければ、最小構成でも十分快適に利用できるでしょう。

性能はともかく、もう少し筐体の重量が軽ければと思いますが、最近のウルトラブックなどと比べると、全然許容範囲だと思います。





Comments are closed.

pagetop
サイト内検索

Copyright © 2012 - Edge ROOM. All Rights Reserved.