ThinkPad Edge E220s レビュー モバイル向けの12.5インチノート

12.5インチの液晶を持つThinkPad Edgeシリーズの製品、ThinkPad Edge E220sのレビューです。

このE220sはEdgeでは2番目に小さいサイズのモデル。(最小サイズのEdgeは11.6インチ(第1世代のCore i搭載)のEdge 11”)

第2世代のインテルプロセッサを搭載するモバイル向けの製品で、E520やE420とはデザインやラインアップされているカラーがやや異なり、価格もほんの少しだけ高めです。

今回はそのEdge E220sの外観を詳しく解説します。

製品をみる→ ThinkPad Edgeシリーズの詳細






トップパネルのカラーはモカ・ブラック。

E420やE520が、ミッドナイトブラックやヒートウェーブレッドと言うカラーバリエーションで展開されていたのに対し、Edge E220sは異なるカラーで提供されています。

どちらかというと、E220sの方がThinkPadらしいブラックという感じの色味で、他のEdgeシリーズよりも高級感があります。質感がとてもよいです。




筐体は箱型ではなく、厚みが手前にかけて薄くなるデザインです。

手前が薄いせいか、マシン全体が薄く見えます。
サイズが313 x 213.5 x 20.9 ~ 21.9mmなので、実際に薄いです。

重量は約1.58kg(構成により異なる)と携帯できる重さではありますが、それ程軽いわけではありません。





インターフェースをチェックします。

左右の側面には、ACコネクター、メディアカードスロット、LANポート、VGAポート、Powered USB(充電が可能なUSB)、オーディオのコンボポート、USB2.0ポート、eSATAとUSB2.0のコンボポート、HDMIポート、セキュリティロックスロットが搭載されています。

同じ12.5インチのThinkPad X220と同じで、光学ドライブ等は搭載しません。




筐体前後側面は、前面にはなにもありません。
が、背面に小さなカバーのようなものが被せられたスロットがあります。

このスロットはWWAN構成用のものだそうですが、日本のEdge E220sではそのような構成は提供されていないため、現在の所は使いません。




ThinkPad Edge E220sの液晶画面。

12.5インチHDの光沢液晶(LEDバックライト)が搭載されています。解像度は1366 x 768で、
液晶ベゼルと画面の段差がないインフィニティガラスを採用。

こういった部分も、Edge E420やE520とは異なります。
見た目にはきれいです。




インフィニティガラスを載せている関係で、キーボードライトが若干、これまでのThinkPadに搭載されていたものと異なります。

といっても、機能的に問題はないと思います。




Edge E220sのキーボード。
この部分は、その他のEdgeに搭載されているものと同じです・・といいたい所ですが、若干異なります。

まず右下に搭載されたPgDnやPdUpといったキーの形状ですが、これらのキーはカーソルキーの近くにある為、カーソルキーを押す際に誤って押しやすいです。それを防ぐ為に、E520やE420のPgDnやPdUpは、他のキーとはやや形状が異なっていました。

ですが、Edge E220sのPgDnやPdUpはカーソルキーと同じ形状です。この辺は、他のEdgeシリーズの方が操作性が良いかもしれません。

あと、中央のスペースキーにキーボードライトのオンオフ機能が搭載されている部分、
また右上・左上のEscやDeleteキーが、他のキーよりも横長になっている部分なども違いとして上げられます。

PgDnやPdUpの形状変更は改悪だと思うのですが、EscやDeleteキーのサイズが大きく設計されているのは、良いと思います。これらは比較的頻繁に使うキーですから、他のキーよりも押しやすい方が良いです。

キートップの形状などは、他のEdgeと変わりません。指に馴染みやすく使い易いキーです。




Edge E220sのタッチパッドはなんと一体型です。

このモデルが出た頃、ThinkPad Xシリーズでも同じように一体型タッチパッドが搭載されたモデルが出たので、
今後このようなモデルが増えるのかもしれません。

使い勝手は、正直分離型のタッチパッドに比べると良くないです。
私の好みもありますが、E420やE520のタッチパッドの方が数倍使い易いと感じます。

ただ、Edgeにはトラックポイントが搭載されています。ThinkPadを使う方はそちらを利用される方も多く、タッチパッドの操作性は気にしないという方もいるでしょう。

にしても、私には一体型タッチパッドにする意味が分かりません。コストダウンにはなるのでしょうが・・(私は普段からマウスを使うので、あんまり関係ないですが)




片手で持ってみました。
約1.58kgなので、片手で持つにはちょっと重い感じです。

携帯するには許容範囲の重さだと思います。




外観は以上です。
良いところとそうでないと感じる部分もありますが、Edgeの中では高級感のあるしっかりとしたモデルだと思います。

少なくとも、低価格シリーズの安モデルには見えないです。
次記事では、E220sの筐体の中身を開けてみてみます。





Comments are closed.

pagetop
サイト内検索

Copyright © 2012 - Edge ROOM. All Rights Reserved.