ThinkPad Edge E520のCPUを換装(Celeron B810 を Core i5-2520へ) 安くパワーアップ

以前記事にしたThinkPad Edge E520のCPUを換装し、大幅にパワーアップしたため、そのベンチマーク結果などを載せたいと思います。(以前のEdge E520の記事

今回掲載ののEdge E520は、元々はCeleron B810を載せた下位モデルです。

3万円台半ばと当時ではかなり安く売られていたため()、購入してメモリなどを増設したのですが、ライトな用途には十分な性能を持ってはいるものの、負荷の高い作業には当然ですが向きません。
※いまだとそのくらいの値段が普通になっています→ Edge E520の最安値

性能が気に入らないのなら新しいIvyBridgeを搭載したE530を購入するという手もありますが、あまり活躍させる事なくPCとしての役目を終えてしまうのはなんとなく無駄で嫌な感じが・・


続きを見る »

ThinkPad Edge E520 のまとめ

これまでの記事で ThinkPad Edge E520 について一通りの事はかいたと思うので、とりあえず一旦ここでまとめてみたいと思います。

製品の外観や性能等といった細かい部分ではなく、E520ならではの特徴や注意点などに触れています。

E520のデザインや性能等の詳細を知りたいという方は、E520のカテゴリーより該当するページをご覧になってみてください。写真等も沢山載せていますので、参考になると思います。

というわけで Edge E520のまとめです。

製品をみる→ ThinkPad Edgeシリーズの詳細


続きを見る »

ThinkPad Edge E520 のOSを32bitから64bitへ載せ替えた後 メモリを増設

非常に安価に購入した ThinkPad Edge E520ですが、やはりもう少しパフォーマンスを上げたいと思い立ち、最も簡単に出来るメモリの増設を行う事にしました。

ちょうど、安くなっていた頃に購入したメモリもありましたし、メモリを追加する事で多少は性能が向上するはずです。

というわけで早速増設しようと思ったのですが、そういえばこの激安 ThinkPad Edge E520は32bit OSだったような気が・・

製品をみる→ ThinkPad Edgeシリーズの詳細


続きを見る »

ThinkPad Edge E520 をRescue and Recoveryでリカバリー

ThinkPad Edge E520 に限った事ではありませんが、ThinkPadには「Rescue and Recovery」というデータのバックアップやリカバリーを行う事ができるソフトウェアがプリインストールされています。

「Rescue and Recovery」はリカバリーディスクを作成したり、ファイルの定期バックアップや復元など、様々な機能をもった非常に便利なソフトウェアです。

今回は、その「Rescue and Recovery」を利用し、ThinkPad Edge E520 で行なったリカバリー(工場出荷状態への復元)作業の工程を掲載してみました。

製品をみる→ ThinkPad Edgeシリーズの詳細


続きを見る »

ThinkPad Edge E520 の性能をチェック 激安だけど使えるマシン

今回掲載している ThinkPad Edge E520は、Celeron B810を搭載するE520でも下位に当たるモデル。

昨年に、3万円台半ばと非常に安価に販売されているのをみて購入したもので、プロセッサにはCeleron B810を搭載します。

Celeronというと、過去のイメージよりパフォーマンスが今ひとつパッとしない感じがするのですが、現在のCeleronはSandy Bridgeシリーズのプロセッサで、それ程性能は低くはありません。

ネットブック並に安価なE520ですが 光学ドライブは搭載していますし、OSにはビジネス向けに適したWindows 7 Professionalを搭載しており、かなりお得感の強いモデルです。

そんなわけで、今回はCeleron B810を搭載した3万円台半ばのE520の構成と性能について見ていきたいと思います。

製品をみる→ ThinkPad Edgeシリーズの詳細


続きを見る »

pagetop
サイト内検索

Copyright © 2012 - Edge ROOM. All Rights Reserved.