ThinkPad Edge E420 の使い勝手は・・長所と短所まとめ

ThinkPad Edge E420の長所や短所について、簡単にまとめてみました。

ThinkPad Edge E420について、これまでの記事ではどちらかというと良いと思われる部分を中心に触れてきましたが、そうでない部分にも触れていますので、購入時の参考にしていただければと思います。

製品をみる→ ThinkPad Edge E420の詳細


続きを見る »

Edge E420 の「ファンクションキー」や「Ctrl/Fnキー」の動作をBIOSよりカスタマイズする

ThinkPad Edge E420だけではなく、Edgeシリーズ全般に共通する事ですが、ThinkPad Edge E420の上段に配置されたファンクションキーには、更新や全角半角切り替えといった通常の機能ではなく、無線のオンオフや画面の輝度調整など、頻繁に使用されるであろう機能が動作するように設定されています。

本来の機能が使えないというわけではないのですが、本来のファンクションキーの機能を使うにはFn+ファンクションキーといった操作を行なわなくてはなりません。

単純な操作ですが、頻繁にファンクションキーの機能を利用する場合には面倒なものです。

というわけで以下では、本来の機能に戻す方法を解説しています。
ファンクションキーの他、FnキーとCtrlキーの機能入れ替えについても触れています。

製品をみる→ ThinkPad Edge E420の詳細


続きを見る »

ThinkPad Edge E420 性能を検証 ベンチマーク編

ThinkPad Egde E420の性能を検証してみました。

掲載しているモデルの主な構成は、CPUはCore i5-2410M(2.3GHz、TB時2.9GHz)、メモリは4GB、7200rpmの320GB HDD、HD グラフィックス3000など。

現在、Core i5-2410Mというプロセッサを搭載したモデルはなく後継のCore i5-2450M となる事、またCore i5を搭載したモデルに320GB HDDは用意されておらず、500GB HDDの搭載となりますが、それらに置き換えて価格を見積もった所では、¥49,980(税込)という価格になります。

クーポンを使用せずなので、かなり安価な部類のモデルです。
今回はこのモデルの性能を検証してみたいと思います。

製品をみる→ ThinkPad Edge E420の詳細


続きを見る »

ThinkPad Edge E420 レビュー 外観編

掲載のカラーはヒートウェーブレッド。

このカラーはEdgeシリーズの初期モデルより存在していたが、初期モデルのヒートウェーブレッドと現在のそのカラーでは、色が全く異なります。

個人的には、現在のヒートウェーブレッドの方が以前のものよりも高級感があって好みです。


続きを見る »

ThinkPad Edge E420 の製品情報

ThinkPad Edgeシリーズの中では、14.0型の液晶を搭載するベーシックモデル。ThinkPad Edge14”の後継となるマシンです。

Edge E420はインテルの第2世代Core iプロセッサーを搭載しているのが特徴で、Edgeの中でも特に安価である事より人気が非常に高いです。多分ThinkPad中では1、2位を争う安さではないかと思われます。

しかし価格が安いといってもデザインは高級感があり、筺体も結構しっかりしています。

構成内容においても光学ドライブの標準搭載はもちろん、カスタマイズではCore i7や8GBのメモリ、グレア液晶やノングレア液晶、WiMAX等を選択する事が可能となるなどかなり充実。

個人的には14型で1366 x 768の液晶のみしか用意されていないのが唯一の不満ですが、価格や操作性、性能を総合して考えると、非常にコストパフォーマンスに優れたモデルだといえます。

【Edge E420の構成例】

・Core i5-2450M
・14.0型HD液晶 (1366 x 768)
・4GB PC3-10600 DDR3
・500GB HDD(5400rpm)
・カメラ(HD 720p対応)
・IEEE 802.11b/g/n

¥49,980

※更新時に確認の構成と価格です。タイミングによっては変更されている可能性があります


|
pagetop
サイト内検索

Copyright © 2012 - Edge ROOM. All Rights Reserved.